「糊落とす 五条の川のこひのぼり 泳ぐ水面に雲も写りて」

入居者様 筆名 遊市(ゆういち)様 2017年春

 

遊市様は、2016年に短歌教室を訪れて以来、
一度の欠席もなさらず熱心に歌を詠み続けていらっしゃいます。
この度、歌集を出版されたそうで、私にも1冊くださいました。
集中の作品は豪快かつ深みがあり、辛口の風刺の効いたものや少々艶っぽい作も混じり、
私は引き込まれるように読みました。

五条川とは、岐阜県多治見市に源を発し、愛知県西部を流れる一級河川で、
鯉のぼりの糊を落とす「のんぼり洗い」は初夏の風物詩です。
県内に400年もの伝統を誇るのぼり屋によるもので、
昔ながらの手法と歴史を現代に伝えています。

私には、水面に写る雲は波のようで鯉が波を乗り越える光景が浮かびました。
今後は、この歌をシリーズ化して紹介させていただきますね。

blog202004_8_歌集

 

コンシェールささしまでは、随時ご見学・ご相談を承っております。
お電話(0120-658-334)またはインターネットより、お気軽にお問合せください♪

他の施設のブログはこちらから→こみゅねっとブログ

Pocket




ランキングに参加しています♪よろしければ応援クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ