ケアプランの重要性

私たちは、東京都・大阪府・千葉県・愛知県・北海道で老人ホームの運営、在宅介護の支援サービスを提供しております。 居宅介護支援ではお客様とご家族がこれまでの生活をサポートする為、お一人おひとりに合わせたケアプランを作成いたします。
こちらでは、ケアプランの重要性についてご紹介していきます。

ケアプランの目的

ケアプランとは、ケアマネージャーが要支援・要介護に認定されたご本人と話し合い、生活環境や心身の状況、ご家族の要望を踏まえて、「介護サービスをどのように利用していくのか」を決定する計画書です。介護保険を使ったサービスを利用する際は、ケアプランを作成して計画通りに介護サービスを利用していきます。

ケアプランの役割

ケアプランには、主に「家族構成」「お身体の状態」「介護サービスの利用状況」などを記載します。利用者様が介護サービスを利用する際、介護福祉士やヘルパー、医者など多くの医療関係者と関わってきます。

ケアプランを作成しておくことで、関わる医療関係者が利用者様の状態や目的を知り、適切なサービスの提供が可能になります。
また、ご家族も利用者様の状況を確認できるメリットがあります。

ケアプランを立てるときは目標を持つ

ケアプランは利用者様やご家族でも作成可能ですが市区町村への届け出が必要となるため、居宅介護支援事業者、ケアマネージャーに相談することで、より目的にそった内容のケアプランが立てられます。

相談する際は、「数ヶ月後、数年後にはこうなりたい」と具体的な目標を持つことが大切です。
目標があることでモチベーションが高まり、少しずつ理想に近くなることで、生きる楽しみを増やし、快適な暮らしを続けていかれることでしょう。

私たちは東京都・千葉県・大阪市・名古屋市・福岡市・札幌市に事業所を構え、皆様が安心してくらせる老人ホームを展開しています。

人と人との関わりを大切にし、利用者様に感動していただけるようなサービスを提供していく所存です。ぜひ、私たちに皆様の笑顔をつくるお手伝いをさせてください。

サービスの詳細や費用などに関するご不明点がございましたら、お気軽に資料請求やお問い合わせください。見学・体験も受け付けております。