有料老人ホーム入居のタイミング

有料老人ホームに入居するタイミングはご家庭によって違いますが、大きくわけると3パターンに分かれます。

お元気なうちに

まだまだ自立した生活ができる方でも、将来を見据えて入居をする方は少なくありません。
早いうちから入居する有料老人ホームを探しておくことで、ご自身のライフスタイルにあった施設を探せます。

リハビリ(機能訓練)や食事が充実している施設なら健康維持に役立ちますし、なにより安心して暮らせます。
また、元気なうちに入居しておくことでレクリエーションに積極的に参加して、趣味を見つけたり、友人を作ったりと老後の楽しみが広がります。

病院や介護老人保健施設から退院するとき

病気やケガで入院して退院する際、ご家族の介護が必要になるケースがあります。
病院では退院時にリハビリが必要だと判断された場合、介護老人保健施設に転院します。

しかし、介護老人保健施設の入居期間は最長で半年と定められており、医療処置の必要性がなくなったら退院を催促されます。しかし、ご自宅で介護が難しい場合、介護老人保健施設から直接、有料老人ホームに入居するケースがあります。

自宅で介護ができなくなったとき

在宅介護はご家族の負担がとても大きいです。その為、介護による疲労やストレス、仕事の都合などで、肉体的にも精神的にも介護に限界を感じたときに有料老人ホームに移る場合があります。

しかし、限界を感じて有料老人ホームを探しても、気に入った老人ホームにすぐ入居できるとは限りません。将来を考えて今の生活を続けることに不安を覚えたら、早めに準備を進めておくとよいでしょう。

私たちは愛知県・大阪府・兵庫県・東京都・千葉県・北海道などで住宅型有料老人ホームや介護付有料老人ホーム、デイサービスなどの介護施設の運営を行なっています。

名古屋市には住宅型有料老人ホームを構えており、協力医療機関と連携をとっているので医療体制も整っています。

入居者様が安心・快適な毎日を過ごせるように、私たちはこれからも利用者様とそのご家族の立場になって考え尽力してまいります。
体験や見学もできますので、お気軽にお問い合わせください。