冬至を過ぎ、寒さが一段と厳しくなる時節、気温同様に私達の体温も下がります。
特に腎の冷えは体の芯から冷やすので予防したいものです。
 海老01_調整

 

海老の長い髭と丸く曲がった体を、老人に例え「海老」と書かれる様になったと言われ、
お節には長寿の願いをこめて、海老が用いられるようになりました。
薬膳で海老は、熱エネルギーを増やし、足腰の冷え改善、
そして五臓では腎を補う働きがあるとされています。
寒い冬には、干しえびのお粥や、体を温める性質を持つ「ニラ」と組み合わせた
海老とニラの炒め物などをいただき、寒い冬を乗り越えましょう。

 

国際中医薬膳師 桑原祐美
薬膳のプロフェッショナル「国際中医薬膳師」の資格を活かし、コミュニケア24の薬膳監修を始め、薬膳料理教室「花凛」の主宰、北京中医薬大学日本校の登録機関として活動されています。教室には口コミにて千葉・東京・埼玉などから生徒が集まり、料理を教えるだけでなく、薬膳アドバイザーや中医薬膳指導員を多く育てています。
Pocket




ランキングに参加しています♪よろしければ応援クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ