8月は1年で一番暑い季節。

じっとしていても汗で体内の水分が消耗し、熱をもった状態になり、食欲も無くなり、放っておくと熱中症になりやすくなります。

 

また暑いから・・・喉が渇くから・・・と、水分を多くとりすぎたり、素麺や冷や麦などの冷たい物ばかりに偏ると、内蔵が冷え代謝が鈍りバランスを崩して、夏バテを起こします。

 

そんな夏に食欲を増進させ、冷えた内蔵を活発にしてくれる「ザーサイ」です。

ワンポイント薬膳8月

ザーサイは、中国四川のお漬け物

からし菜の一種で、収穫後天日干し、一度塩漬けにしてから、八角、山椒、桂皮、茴香などの香辛料で漬け込みます。

この時に使う香辛料が、内蔵を温め活発にする働きが有るので、夏のバテ防止におおいに役立ちます。

 

8月の薬膳御膳はザーサイを使い、「夏バテと熱中症対策」をテーマに8/11にご提供いたします。
今回ご紹介いたしましたザーサイは、選べる主菜の肉料理「豚肉のザーサイ巻き」または魚料理「スズキのザーサイ蒸し」にてお召し上がりいただけますので、ぜひ当日をお楽しみに♪♪

※メニューは食材の仕入れの関係で変更となる場合もございます。

 

桑原先生国際中医薬膳師 桑原祐美
コミュニケア24の薬膳監修を始め、薬膳のプロフェッショナル「国際中医薬膳師」の資格を活かし、薬膳料理教室「花凛」を始め、北京中医薬大学日本校の登録機関として活動されています。

教室は口コミにて千葉・東京・埼玉などから生徒が集まり、料理だけでなく薬膳アドバイザーや中医薬膳指導員を多く育てています。

 

Pocket




ランキングに参加しています♪よろしければ応援クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ