薬膳コラム11月

11月は、寒さが増し、乾燥も増します。

寒さや乾燥からくる風邪や胃腸炎にかかりやすくなるため、体内の潤いや免疫を上げる食材を多く取り入れたいものですね。

 

そこで、今回ご紹介いたしますのは、「松の実」です。

薬膳コラム11月

 

 

松の実は、古くから漢方で使用されており、海松子(かいしょうし)とも呼ばれ、体の中から潤す効果があるとされています。
その他の効果としては、血流の促進で代謝上げ冷えの改善につながる、また滋養強壮効果や免疫力を高めるなどと言われています。

 

さらに艶のある髪や肌を作る効果もありますので、女性の方には特におすすめです。
最近では、スーパーでも手軽に購入できますので、炒め物、スープ等に入れて食してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

今回ご紹介いたしました松の実は、11月の薬膳御膳の小鉢の1つ「南瓜と松の実の煮物」としてご提供する予定です。
今月の薬膳御膳は「体力・免疫力を上げ、乾燥と寒さから身体を守る」をテーマに、乾燥からくる風邪や寒さからくる風邪や胃腸炎を予防する薬膳食材をふんだんに使用しておりますので、お楽しみに。

 

※メニューは食材の仕入れの関係で変更となる場合もございます。

 

 

桑原先生国際中医薬膳師 桑原祐美
コミュニケア24の薬膳監修を始め、薬膳のプロフェッショナル「国際中医薬膳師」の資格を活かし、薬膳料理教室「花凛」を始め、北京中医薬大学日本校の登録機関として活動されています。

教室は口コミにて千葉・東京・埼玉などから生徒が集まり、料理だけでなく薬膳アドバイザーや中医薬膳指導員を多く育てています。

 

Pocket




ランキングに参加しています♪よろしければ応援クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ