12月に入ると「蓄え」の時期になります。

 

薬膳コラム12月

動物が冬眠に入るように、私達の体も冬眠に入るので、鈍くなり代謝が落ち、寒さは肩こり、腰痛を引き起こし又腎臓に影響します。

 

 

その腎臓を元気にする食材に「黒」い物が良いとされ、特にこの季節おすすめなのが黒ごまです。

 

黒ごまは、肝臓と腎臓を元気にしてくれる働きが有るので老化防止、免疫効果や皮膚の乾燥、便秘にも効果があります。

薬膳コラム12月

 

 

今回は簡単なレシピを1つご紹介させて頂きます

黒ごまのペーストと蜂蜜をお好みの割合で混ぜておきます。
これを朝食のトーストにぬったり、ヨーグルトに混ぜて頂いても美味しいです。
また、豆乳で割ってホットドリンクとして飲むと体の中から温まります。

 

蜂蜜を混ぜる事で疲労回復、お通じも効果も高まり、簡単で作り置きしておけるのでおすすめです!

 

薬膳コラム12月

 

今回ご紹介いたしました黒ゴマは、12月の薬膳御膳の主菜「豚肉の黒ごま葱ソース」または「ブリの黒ゴマ葱ソース」としてご提供する予定です。

 

今月の薬膳御膳は「寒さから身体を守り、腎臓を元気にする」をテーマに、腎臓を元気にし、身体を温める薬膳食材を多く使用しておりますのでお楽しみに。

 

※メニューは食材の仕入れの関係で変更となる場合もございます。

 

桑原先生国際中医薬膳師 桑原祐美
コミュニケア24の薬膳監修を始め、薬膳のプロフェッショナル「国際中医薬膳師」の資格を活かし、薬膳料理教室「花凛」を始め、北京中医薬大学日本校の登録機関として活動されています。

教室は口コミにて千葉・東京・埼玉などから生徒が集まり、料理だけでなく薬膳アドバイザーや中医薬膳指導員を多く育てています。

 

Pocket




ランキングに参加しています♪よろしければ応援クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ