「五月病」という言葉があるように、五月は精神に関わる「肩こり、不眠、イライラ、やる気が出ない、不安感」などといった様々な症状が出やすい季節です。

 

 

月は精神に関わる「肩こり、不眠、イライラ、やる気が出ない、不安感」などといった様々な症状が出やすい季節です。

 

このような症状が出やすい人の特徴は、「几帳面、生真面目」タイプ!

 

漢方では何事も「いい加減!」が良いと言います。

その「いい加減!」を少しでも取り入れ、リラックスする事を心がけて下さい。

 

そして、この時期に召し上がって頂きたいお野菜は「菜の花」です。

 

この時期に召し上がって頂きたいお野菜「菜の花」

春を代表する菜の花は、古くから民間療法の薬として使われてきました。

 

菜の花は体を温める性質があり、茎の部分は血液循環を改善します。

また花の蕾の部分は独特の辛味があり、その辛味が体内の毒素を出し、滞っているものを発散させてくれるので、気血を巡らせます。

特に肩こり、不眠、イライラ、肌荒れなどに、とても良いです。

 

 

桑原先生国際中医薬膳師 桑原祐美
コミュニケア24の薬膳監修を始め、薬膳のプロフェッショナル「国際中医薬膳師」の資格を活かし、薬膳料理教室「花凛」を始め、北京中医薬大学日本校の登録機関として活動されています。

教室は口コミにて千葉・東京・埼玉などから生徒が集まり、料理だけでなく薬膳アドバイザーや中医薬膳指導員を多く育てています。

 

Pocket




ランキングに参加しています♪よろしければ応援クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ