雨季に入ると雨が多く降ることで、ジメジメの原因である「湿」が身体に色々な影響を与えます。

暑さが始まり、湿も盛んなこの時期(高温多湿)

体に熱や湿がこもってしまうと、イライラや不眠になりやすく、また十分な睡眠が取れないと夏バテを起こしやすい原因になります。

 

この湿も盛んなこの時期の理想的な食材の1つが苦瓜です。

 

苦瓜

苦瓜の特徴といえば、独特な”苦み”ですが、薬膳ではこの”苦み”に熱や湿を取る働きがあるので、夏バテ防止や疲労の回復効果があります。

 

苦瓜購入の際のワンポイント!

イボは隙間がなくぎっしりと詰まっており、色は濃い物を選びましょう。(ただし苦味は強いです!)
イボが小さい方がさらに苦みは強いです。

 

今年は猛暑になるとの事です。

体の中から暑い!と感じる日にはぜひ苦瓜を召し上がって、夏を上手にお過ごしください。

 

桑原先生国際中医薬膳師 桑原祐美
コミュニケア24の薬膳監修を始め、薬膳のプロフェッショナル「国際中医薬膳師」の資格を活かし、薬膳料理教室「花凛」を始め、北京中医薬大学日本校の登録機関として活動されています。

教室は口コミにて千葉・東京・埼玉などから生徒が集まり、料理だけでなく薬膳アドバイザーや中医薬膳指導員を多く育てています。

 

Pocket




ランキングに参加しています♪よろしければ応援クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ