春分を迎え、桜が満開が近づく頃、花粉症のピークとなります。
花粉症の状態は、冬の養生が関係しています。
しっかり温め、腸内環境を整えて春を迎えると状態は変わってきます。
食事の注意としては、冷たいもの、刺激のある物、油物は控えましょう。
症状によって摂りたい食材は異なりますが、目のかゆみ、鼻詰まリ等には菊花がおすすめです。
 
菊
 
菊花は自律神経にも働きかけるので、精神安定や頭痛等にも効果があります。
乾燥の菊花はお茶にして、生の菊花はおひたしにすると、彩りもきれいでおいしいですよ♪

国際中医薬膳師 桑原祐美
薬膳のプロフェッショナル「国際中医薬膳師」の資格を活かし、コミュニケア24の薬膳監修を始め、薬膳料理教室「花凛」の主宰、北京中医薬大学日本校の登録機関として活動されています。教室には口コミにて千葉・東京・埼玉などから生徒が集まり、料理を教えるだけでなく、薬膳アドバイザーや中医薬膳指導員を多く育てています。

 

Pocket




ランキングに参加しています♪よろしければ応援クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ