これまでに、気血水の概念についてはそれぞれに触れてまいりました。
中でも目に見えない「気」の働きは、範囲が広いため
今回は掘り下げて「気」を理解していただこうと思います。
「気」の概念は、人体を構成し、生命維持をする最も基本物質で
人体においての生成は先天の気と後天の気に分かれ、
先天の気は腎に宿り、後天の気は脾の働きによってつくられます。
そして、気の生理機能は大きく5つに分けられます。
① 推動(すいどう)活動→人体の成長や臓腑の整理活動を担い、血、水の運行、排泄
気が弱まり推動作用が弱くなると、老化が加速し、血、水の生成が弱まり
動きが停滞することで、病理変化が発生する。

② 温煦(おんく)作用→身体を温め一定の体温を維持する働き。
気は温める働きがあり、多いと熱となり、少ないと寒となる。
血は温まると流れ冷えると固まる。

③ 防御作用→体表を保護し、外邪(がいじゃ)の侵入を防ぐ働き。
気が弱まると身体の抵抗力が低下し病気にかかる。

④ 固摂(こせつ)作用→血が血管から漏れないようにする、汗や尿を調整する。
固摂作用が弱まると毛細血管から血が漏れ、内出血を起こしやすくなる。

⑤ 気化作用→物質変化のこと
飲食物を血、水等に変化させ、消化吸収させ残りを※糟粕(そうはく)へ変化させる。
※糟粕(そうはく)とは…便のこと

以上、重要な働きを簡単にまとめてみました。
皆様も、気への概念を少し理解してくださると嬉しいです。

Soul or Aura

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆バックナンバーはこちら
——————————————————————————-

hiromi先生のワンポイント薬膳「5月」~腎臓について~
hiromi先生のワンポイント薬膳「4月」~脾臓について~
hiromi先生のワンポイント薬膳「3月」~肝臓について~
hiromi先生のワンポイント薬膳「2月」~肺について~
hiromi先生のワンポイント薬膳「1月」~心臓について~
hiromi先生のワンポイント薬膳「12月」~蔵象学説(ぞうしょうがくせつ)について~
hiromi先生のワンポイント薬膳「11月」~五味 PART-2~
hiromi先生のワンポイント薬膳「10月」~五味 PART-1~
hiromi先生のワンポイント薬膳「9月」~中医学を学ぶ上で知っておきたい歴史~
hiromi先生のワンポイント薬膳「8月」~五行学説~
hiromi先生のワンポイント薬膳「7月」~水~
hiromi先生のワンポイント薬膳「6月」~血~
hiromi先生のワンポイント薬膳「5月」~気~
hiromi先生のワンポイント薬膳「4月」~陰陽学説論~

 

国際中医薬膳管理師 桑原祐美
薬膳のプロフェッショナル「国際中医薬膳管理師」の資格を活かし、コミュニケア24の薬膳監修を始め、薬膳料理教室「花凛」の主宰、北京中医薬大学日本校の登録機関として活動されています。教室には口コミにて千葉・東京・埼玉などから生徒が集まり、料理を教えるだけでなく、薬膳アドバイザーや中医薬膳指導員を多く育てています。
Pocket




ランキングに参加しています♪よろしければ応援クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ